三度の飯より瞑想

瞑想三昧

瞑想の必要性を認識する

瞑想抜きに真の自己を見つめることは出来ません。瞑想を通さずに悟った人も未だかつていません。瞑想にはチョッとしたコツというものもあります。

長い時間 座れば良いというものでもありませんし、1日中 瞑想をしておけば良いというのはトンデモない勘違いなんですね。今の生活の中に、出来る限り多く、瞑想の時間を取るというのが瞑想の秘訣になります。

1日1時間とか、週1回程度で真我に目覚めようとするのは、遊び半分でやっているに過ぎないんですね。人生の目的を成就するために瞑想をやりますので、真剣さが必要になってきます。

瞑想の時間は1分でも2分でも良いんです。自覚をする時間ですので。回数を増やした方が、それをより意識することになりますので自覚も高まるんですね。何度も何度も繰り返した方が、意識自体に浸透していきますので効果的です。

ただ、焦ってらダメですよ。焦りは自我です。『焦らず急いで』 つまり、結果を求めることなく、ただただ静かに沈黙をする時間・回数を増やすことで、到達まで急げば良いんです。焦れば焦るほど自我を活発化させますので気を付けてくださいね。沈黙を守っている間は真我が活発化しています。

瞑想をすることで真我を活性化していくことが1つの目的でもありますので、方法論など枝葉に捉われることなく、本質をズラさずに突き進んでいきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


2 + 6 =

上の計算式の□に半角数字で入力後、
コメントを書くボタンを押してください。

21世紀の三種の神器

1.世界最高峰の浄化ペンダント
ホメオパシーペンダントの効果
意識領域を確実に浄化していき悟りに至るための必須のアイテム。

残り2つは近日公開☆彡

ページ上部へ戻る